お尻を強打してから尾てい骨付近が痛む(30代女性)

目次

来院までの経緯

3週間ほど前にダンスレッスン中にお尻を強打。翌日から尾てい骨付近が痛みが出始め、身体を前屈させたり、じっと座っていると痛みが強くなる。骨折を心配し、整形外科を受診するも、骨に異常は見当たらなかった。時間がたっても痛みが変わらないので、今回来院していただいた。

検査と所見

  • 体幹前屈と後屈で痛みあり。
  • 側屈回旋では痛みはない。
  • 右股関節屈曲動作に制限あり。
  • 仰臥位で右ハムストリングストレッチで痛みあり。
  • 腹筋群・右腸腰筋・ハムストリングに緊張と圧痛あり

施術と経過

今回の症状は強打したことによる腰のつまりと股関節周囲筋の緊張を伴った機能不全が問題だと考え、施術を行う。まずは、緊張が強くなってしまっている筋肉への緩和操作から行う。緊張緩和後、腹筋群の緊張が強く、腰のつまりもあったため、体幹周囲の支持性が偏った状態になってしまっていたため、股関節を中心に関節運動の正常化と筋肉の正しい収縮を促すように運動療法を同時に行う。施術後は前屈でも痛みはなく動作できていた。今後は運動連鎖の修正と再発防止を念頭にメンテナンス目的で来院していただく。

今回のケースの考察

お尻を強打して痛みが取れなくなる方は非常に多いです。これは経験則の話になってしまいますが、痛みが取れない方によくあるパターンとして、もともと反り腰傾向であったり、床座り中心の生活で股関節周りが固くなっていることがお話を聞くとよく見られます。強打して痛みが出るのは尾骨の骨折など明確な原因がない場合は、先ほど挙げた反り腰や股関節の機能不全が強打することによって、症状として表れてしまっていることが多いです。骨折が見られない場合で痛みが続いているこういった症状の場合、カイロプラクティックで改善可能なケースがあります。お悩みの際はぜひ一度ご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2022年7月にエムエムカイロプラクティックを開業。都内各所で施術を行う。自分自身の理解が改善につながる、「master myself」を提唱中。

目次